向いてる?向いてない?外資系との相性を知る!

こんな人は外資系に向いている

残業せずにテキパキと仕事を終わらせられる人は外資系に向いているでしょう。
日本の企業には残業や長時間労働を美化する企業も少なくありませんが、外資系は労働時間より仕事の成果で評価するので幾ら長く働いても成果を上げなければ評価されません。それどころか外資系では残業してまで仕事を続けていると、効率が悪くてスケジュール管理ができない奴と思われかねません。
外資系にはこのような社風があるので、効率良く仕事を進めて就業時間内に仕事を終わらせられる人には向いているでしょう。日本企業の場合、就業時間内に仕事が終わっても何となく帰りづらく付き合いで残業しているケースもありますからね。残業がなければ自分の自由な時間も増えるので、プライベートな時間も充実するでしょう。

こんな人は外資系に向いていない

基本的に向上心の無い人は外資系に向いていません。そんなの日本企業でも同じだよと思うかもしれませんが、日本企業の場合は会社や上司が部下に研修への参加を促すので向上心の低い人でもある程度はスキルアップが期待できます。
一方で外資系企業では自分のスキル・知識を向上させるかどうかは個人の判断に任されています。外資系企業は残業が少ないので自由な時間も多いのですが、その自由な時間をスキルアップに割くか、遊ぶ為に割くかも自由という訳です。つまり向上心の無い人はスキルアップを怠る可能性が高いので、外資系には余り向かないんですよね。
ただし外資系は本人の能力と向上心さえあればスキルアップしやすい環境・役職がすぐに与えられるので、向上心のある人にとってはスキルは伸ばしやすい環境です。

英語で履歴書を書くときには、なるべくわかりやすい表現を用いることで、相手方の印象をよくすることが可能となります。